花粉症真っ只中のあんちゃんママです。

↓ママチャリの荷物カバーですが、3月に入り気がついたら黄色い斑点が付いてました。ギョエ~~(◎_◎;)。もしや花粉⁇

目のかゆみから始まり、ウサギ並みに真っ赤になり夜中には激痛で眠れなくなるほどに。アイスノンで冷やしながらなんとか身体を休めて、目薬をさしても一向に良くならず、会社を休んで眼科に駆け込みました。

対応して下さったのは高齢のおじいちゃん先生。

「花粉症で目が痛い?花粉症では目は痛くなりませんよ!
えっ~~!(◎_◎;)そうなの、、、?

ちょっと目見せて、と言われ光を当てられ、
「あなたコンタクト使った?」
はい、今は入れてませんが、と答えると
「花粉症で目が痒い時にコンタクトを入れたらダメ。花粉も異物、コンタクトも異物でしょ!薬出しときますから。お大事に。」

とわずか30秒あまりで終了。ちょっとちょっと大丈夫なの~と思いましたが、薬局で薬を受け取り、3日もしたら元に戻りました。花粉症で目の痒みが酷い時にコンタクトを入れたまま目をこすったりして症状が一気に悪化してしまったようです。

しかし、これで終わらなかった( ̄◇ ̄;)。

辛い目の痛みをぶり返したくないので、マスクをしていたら、頰のあたりが徐々に腫れ上がり顔全体に広がってしまいました。ヒリヒリと痛みが出てアトピーの悪夢を彷彿とさせます。

あまりの痛みに怖くて化粧が出来なくなりました。夫からもこれアトピーに発展さたらヤバイよ~と言われ、土曜日、夫にあんちゃんを頼み急遽皮膚科に。

待つこと2時間半、ようやく名前が呼ばれました。40代ぐらいのお医者様です。

「マスクで肌が荒れた?何でマスク付けたんですか?」

花粉症になり目が腫れてしまいまして、と答えると

「外すと鼻水出てます?」

あ、いえ出てないです。

目が花粉症なのにマスクしたって意味ないでしょ!鼻と目は繋がってませんから。
う、確かに、、、。

花粉が肌に直接接触して腫れることはあまりないらしく、マスクで肌が荒れて普段使わないクリームを付けたことが原因だったよう。こちらの診療も30秒で終了。

花粉症=マスクという固定概念がありました。
が、帰り道マスクをしないで帰っても確かにあまり変わらなかった。それよりマスクがあたって酷くなる方が私には深刻だったので、外せて良かった。

一週間は化粧は無理かな、と思っていたのですが処方された飲み薬とステロイドのクリームで2日間で腫れと赤みが消え、現在は元どおり。薬の威力は半端ないですね。洗顔後はスギナローションのみにしました。

マスクは意味ないならやっぱり目は保護しないと、ということで再発防止対策としてこちらを購入。

花粉症、メガネで検索したのですが、保護メガネ、という名称でした。確かに守られてる感があります。

早速つけてみるとあんちゃんパパから
「すごいね、、、狩猟に行けそう」
と言われましたが、今や手放せないアイテムに。
3月中はメガネで過ごすことにしました。

しかし、毎年こんな状態じゃ心配だよ!とあんちゃんパパ。防衛策を検討していたところ、同僚からホメオパシーのサポートAIを進められ、朝晩2回やってます。








用意するものは
・計量カップ
・精製水 50ml
・ゴーグル
・サポートAI 一滴

計量カップで50mlはかり、サポートAIを入れて混ぜたらゴーグルになみなみと注ぎ、平置きのまま瞬き数回するだけです。


ホメオパシーは初めてで効けばラッキーぐらいに思っていましたが、今のところ目の炎症は再発していません。

来年はここまで酷くならずに済むといいのですが。未だやな晴れて暖かい日は憂鬱になります。

皆様のブログに励まされています↓↓。
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村


にほんブログ村テーマ 花粉症対策へ
花粉症対策

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://achcha.blog.fc2.com/tb.php/317-828a720b