FC2ブログ
かつてないほどブログの更新に時間が空いてしまいました。

あんちゃん、弟くんは元気いっぱいですが、一体どうやってブログを書く時間を確保したらいいのやら。時間が今後できる可能性はゼロなので私の書き方を変えないといけないですね(^^;)。

弟くんの1ヶ月健診の記事が書けないまま、4ヶ月健診まできちゃいました。早っ!

誕生から1ヶ月、4ヶ月での推移を見ていくと

体重は

2,300g → 3,615g → 6,675g

身長は

45cm → 51.8cm→61.5cm

ちなみにあんちゃんは

2,400g → 3,474g → 5,485g

身長は

49.5cm →55cm → 60.6cm

と推移していったので、弟くんの成長っぷりはなかなかのもの。4ヶ月経過した今では1キロ以上の差!ただし、あんちゃんは心臓手術による体重減があったので余計ハンディがありました。

弟くんに関していえば、1ヶ月健診ではお医者さんからも助産師さんからも母乳で日増し53.3gにビックリされました。

あまりの体重増は赤ちゃんの負担になるみたいですが、母乳なら問題ないので心配しないように、と言われました。

しかし、この急激な体重増に母はついていけず、、、腕は既に腱鞘炎気味。オムツ替える度に痛い。

そして夫が帰宅して弟くんを抱っこしてもらい、はぁ~と息をつく間も無く今度はあんちゃんが膝にくる。重っ!!

あんちゃんの体重は16キロ。ズリ落ちても自力で登ってくる(笑)。

弟くんは貫禄のお相撲さん状態。あんちゃんは赤ちゃんが可愛くてしょうがない。



あんちゃんは暇さえあれば弟くんほっぺや腕を触わって、可愛がってるので助かっているのですが、6キロの後の16キロの抱っこやお膝は毎回筋肉が締め付けられます(T ^ T)。


皆様のブログに励まされています↓↓。
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ

にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 二人目出産へ

二人目出産
にほんブログ村テーマ 妊娠、マタニティーへ
妊娠、マタニティー

にほんブログ村テーマ 高齢ママ集まれ~!へ
高齢ママ集まれ~!
スポンサーサイト
もし友達や親戚が切迫早産など妊娠関係のトラブルで入院したら、差し入れに悩むのではないでしょうか。あんちゃんママが個人的にこりゃぁなかなかいい!と感じたものを紹介したいと思います。

第5位 小分けできるお菓子

自分で食べる用にもいいのですが、実は同室の仲間に配ってました。お裾分けをもらう事もあるので、すぐお返しができるとこちらも気が楽なんですよね。

あんちゃんママは母にリクエストしてこちらを持ってきてもらいました。



ありきたりだけど、やっぱり喜んでくれた、、、。体重管理している人もいるから気を遣うけど配りやすいし、あげた本人が食べられなければ面会にきた家族に食べてもらえます。退院後の楽しみにとっておいて、退院の連絡と一緒に食べたよーとわざわざ報告してくれた人もいました。

第4位 フレッシュジュース

病院食はフルーツが少ないので物足りない。あんちゃんママはポンジュースを夫に買ってきてもらって毎朝飲むのを楽しみにしていました。

第3位 小分けされたフルーツ

フレッシュジュースと同じ理由で妊娠中はフルーツが食べたいけど、病院食で出されるのは数切れ。丸ごと持ってこらてもナイフとまな板が無い。夫にイトーヨーカドーでカットされたフルーツを差し入れに持ってきてもらいました。

第2位 ゼリー飲料

こちらは義母から。以外にもこちらがかなり良かった!特に産後!忙しいし、喉が乾くし、お腹空くし、の時に飲んだら身体に染み渡るような美味しさ!抱っこしながら片手で飲めるのもいい。



ウィダーインゼリーのヨーグルト味は結構ハマりました。

第1位 漫画



こちらは友人からプレゼントでした。
きょうの猫村さん。家族以外の面会は禁止されていたので自宅に送ってくれて夫経由で受け取りました。友人の優しい気遣いに、そして漫画のほのぼのさに癒されました。

点滴の針のせいでスマホが使えない時が長かったので気分転換に最高でした。
そして何よりの魅力は
回し読みできる ( ̄∀ ̄)。
ベッドからほぼ動けない上に長期入院になると時間を持て余します。読み終わった後は同室のメンバーに貸し出しました。

同室のメンバー全員が読み終わったあたりで新しいメンバーが入ってきたことがありました。みんなで三巻はどうなってるんだろうね~と話していると、

「あの、私三巻持ってます」

と言って、次の週その方の旦那さんが家から持ってきてくれた( ̄∇ ̄)。

すみませんね~と言いながら三巻を全員で回し読み。その後メンバーでライングループを作り、猫村さんのラインスタンプが行き交いました。この猫村さんスタンプ、じわじわくる存在感を放っていてやみつきに(笑)。

友人のチョイスが色々な意味でピンポイントでありがたかった。入院したすぐは何もする気になれませんが、あんちゃんママは35週過ぎたあたりからは気が楽になり、同室メンバーとの交流を結構楽しんでました。

育児系漫画だったらちょっと読みづらかったでしょうね。無事生まれてくる保証がない不安をかかえながらの入院生活なので。

同室メンバーから貸してもらって面白かったのはコチラ。








仲の良い友人達と、又は1人で朝食を食べ歩く漫画で、いつか行ってみたい!と思える場所ばかり。2人の子連れの身では数年先になるでしょうが、憧れます。

個人的な感想なのでご参考になるか分かりませんが^_^。こうして振り返ると長期間同じ部屋で過ごす同志との付き合いも入院を乗り切るポイントになってますね。あんちゃんママはいいメンバーに恵まれて、本当にラッキーでした。

皆様のブログに励まされています↓↓。
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 二人目出産へ
二人目出産
にほんブログ村テーマ 妊娠、マタニティーへ
妊娠、マタニティー
にほんブログ村テーマ 高齢ママ集まれ~!へ
高齢ママ集まれ~!
強制的に母乳外来を予約させられたあんちゃんママは完母で育てている記録を残すべく、早速届いたタニタのベビースケール、「ノメタ」を試してみました。

授乳前にピッと計り、授乳後のウトウトの弟くんを再び体重計へ。

哺乳瓶マークを押すと自動計算してくれます。
病院では左右5分以上の直接母乳は許してもらえなかったのですが、家では好きなだけあげてみました。

どれくらい飲んだかな~?



ピッ!45g!

おぉっ、いい感じじゃないの!

生まれて6日目、一回の目標授乳量は40ccなので軽くクリア!必要量をしっかり飲んでいたので搾乳も追加ミルクも無し!

ただ、片方飲んで寝始めたのでもう片方はメデラの搾乳機で絞って冷凍保存しました。
手絞りより断然楽!

消毒さえ手際良くできればかなりの時間短縮になりそう。
こうしてあんちゃんママは毎回の授乳量を計って記録。

術後8日目は授乳回数は11回でした。

2:00   25g

4:15    50g

5:30    20g

7:30    45g

9:30    35g

10:30    35g

13:30    37g

15:10    57g

17:30    26g

20:00    40g

21:30     38g

あんちゃんと違って弟くんは、体重計に乗せてもウギャーとならないから本当に助かった( ̄∀ ̄)。
夜中もいちいち計るのは面倒だけど、母乳外来さえ乗り切れば!と疲れた体に鞭を打ってひたすら記録。

迎えた当日、母乳外来の扉を押すと、

「○○さん、お久しぶりで~す!」

と切迫で入院中にお世話になった助産師さんが大きな笑顔で出迎えてくれました。

あれっ、病棟だけじゃなくてこっちでも働いてらっしゃるんだ!

と言うと「この病院、人使い荒いんですよ~」と笑いながら体重計に案内してくれました。

まずは息子くんの体重チェック。

それからあんちゃんママが記録したシートを見せると、ザッと見て

「順調みたいですね、このまま続けて下さい。ではこちらに横になって。」

と言われるがまま、ベッドの上へ。

そして弟くんはひょいとあんちゃんママと壁の間に寝かせられました。

そしておっぱいのマッサージが始まりました。
あんちゃんママは二回しか受けたことがありませんが、これはもしかして桶谷式の?と聞くと
「そうですよ~。」
ここの助産師さん、皆んな桶谷式で手わざができるんですか?と聞くと
「いやいや、自分から希望して講習受けたんですよ」
とのこと。

それにしても上手だなぁ、とあんちゃんママはビックリ。問診という名の尋問を予想していたあんちゃんママは肩透かしをくらいました。
桶谷式のマッサージは近々行こうと考えていただけに余計得した気分。

しかし、話しているうちに息子くんの泣き声がエスカレート。

「こんだけおっぱいの匂いしているのに、飲めないのは辛いよね~」と声をかけられるも、当然泣き止まない。こっちにきてみようか、と今度は息子くんをあんちゃんママの太ももの間にひょいと置かれましたがやっぱり泣き止まない。
そりゃそうよね。

息子くんの激しい泣き声に会話どころじゃなくなった( ;∀;)。

そして無事マッサージ終了。

赤ちゃんにおっぱいあげて下さい、と言われたので息子くんを抱っこして、さぁ、ふわふわおっぱいの母乳を思う存分飲んでくれ!
と用意すると、
あれっ飲まない。
泣き止んだけど口をギュッと閉めて目をそらしてる。
何これ、もしかしてスネてる?
赤ちゃんてスネる事なんかあるの?

仕方なく助産師さんに、あのー、気のせいかもなんですけど赤ちゃんスネちゃったみたいで飲まないんですよ、みて下さい、この顔。
て顔を見せると助産師さん大爆笑。

「分かった、君とは話し合いが必要だな」
と言いながらひょいと息子くんを抱っこして廊下へ。話し合い⁉︎赤ちゃんと⁈

でも大真面目で息子くんに何やら話しかけています。
戻ってきた息子くんを見て今度はあんちゃんママが噴き出した。
息子くん、ちょっとシュンとしちゃってる。
そしておっぱいを出すと
ゴクゴクゴクゴクゴク。
一通り飲んだらウトウトしたところで、助産師さんが戻ってきて息子くんをまたもや体重計へ。
「赤ちゃん、しっかり飲めてましたよ~。このまま頑張って下さいね~」
という感じであっさり母乳外来、無事終了。

母子手帳をチェックすると「母乳」に○が付き、「日増39.3g」との記載も。
1日あたり大体20~30gの増加を目指したらいいと言われていたのでこちらもクリア!


良かった( ̄∀ ̄)。

タニタの「ノメタ」、助けられました。

皆様のブログに励まされています↓↓。
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 二人目出産へ
二人目出産
にほんブログ村テーマ 妊娠、マタニティーへ
妊娠、マタニティー
にほんブログ村テーマ 高齢ママ集まれ~!へ
高齢ママ集まれ~!
術後6日目 7時

あんちゃんママの血液検査の結果が良かったため、抗生物質の点滴が外されました。6週間ぶりに針の刺さってない腕になった^_^。
授乳中も微妙に針にあたっていたので、嬉しくてしょうがない。
息子くんの体重も増えていて、あとは黄疸検査のみ。

授乳量を計ってトータルに加える許可が出たから良かったものの、もし5日目であのままミルク30ccに増やしていたら

直母26cc + 搾乳10cc + ミルク30cc = 66cc

と必要量の30ccから40ccを大幅にオーバーしていることに。息子くんはまさにガブガブ状態。医療行為といいながら直接飲ませた母乳は無視して赤ちゃんが嫌がることをしてまでミルクを飲ませたり、口を開けて流しこんだり…。ひたすら我慢して見るしかなかったあんちゃんママからしてみれば改めて怒りとくやしさが込み上げてくる。

無事出産できた感謝はあるものの産後の対応が微妙だったので、退院できたあかつきには一カ月健診も別の場所でできないかしら、と本気で考えはじめてました。

9時

遅い朝食にありついていたあんちゃんママのところに看護師さんと、執刀した医師がやってきました。息子くんは授乳後でコットでスヤスヤ。

息子くんの黄疸検査では異常なく、私の身体は一カ月絶対安静を条件に退院が許可されました。

ヤッター\( ˆoˆ )/

と声に出さなかったものの、内心ニンマリ。
さらば激マズ病院食!左右5分なんて無視して好きなだけおっぱいあげてしまおう、手絞りの搾乳なんて誰がやるか、必要ならメデラの搾乳機で済ませてやる!赤ちゃんの体重計るぐらいでノイローゼ呼ばわりするスタッフとはおさらばだ!

澄ました顔でお礼を言いながら、心の中では言いたい放題。
S先生がチラっと息子くんを見て、「おや可愛い赤ちゃんだ」、と一言言って去っていきました。

可愛い、って寝てる赤ちゃんなんて先生は散々見てるだろうし、と思いながら息子くんを見ると、ギョギョッ!
息子くん、ニンマリ笑ってこちらを見てる。
笑ってるというよりデヘヘっていう意味ありげな顔。



「どう、僕頑張ったでしょ。」
ってと言ってる気がした。
うん、ホントに良く頑張った!一緒に退院して家族4人の生活をスタートさせよう!

一刻でも早く立ち去りたいと荷造りをしていると、助産師さんがやって来ました。
「〇〇さん、今日退院ですが、赤ちゃんの体重引き続きチェックさせて頂いた方がいいと思うんですよ。母乳外来にいらして下さい。今ならこの日とこの日が空いていて…」
へ?母乳外来?
授乳に関してまだ色々言われるの?うわっ、マジ勘弁してほしい、、、、。

病院が家から遠いので最寄りの病院にある母乳外来でもいいですか?と聞いてみると、
「構いませんが、GCUにいた赤ちゃんなので、体重が増えているかしっかり見て行く必要があるので必ず受けて下さい。予約はあとで変更してもいいですから」
と予約しないと話しが進まない勢い。
仕方なく3日後にこの有料の母乳外来を予約しました。

母乳推進している病院のはずなのに、実際は事あるごとにミルク追加を進めてくるこの病院。あんちゃんママはできたら別の病院に行きたい。
でも、 ふと母子手帳を見ると退院の時の様子のページに「混合」に〇がしてありました。



ムムム。ミルク足してないのに。
母乳外来を受ければ、母乳に〇がつくことになる。

帝王切開でも、NICUとGCUにいた赤ちゃんでも完母でいける、と証明できる。と思うとあんちゃんママは闘争心がメラメラと燃えてきました。

そのためには、一回の授乳量が正確に知りたくなりました。
あんちゃんママが既に持っていたベビースケールは10g単位。1g単位で計れる電子スケールのレンタルができたはず、、、と早速検索。
レンタルよりもっといいのがあった!

タニタの「ノメタ」(笑)。
まさに母乳育児用のスケール。
飲ませる前後で、体重を自動計算してくれる!
コリャスゴイ!
早速購入。
3日後の母乳外来に備えることにしました。

***あんちゃんママの記録***

出産当日 NICU 面会出来ず
術後1日目 NICU 面会2回
術後2日目 NICUからGCU 面会3回 搾乳5cc、10cc
術後3日目 GCUで面会、その後母子同室、母乳10分&搾乳
術後4日目 母子同室 母乳10分&搾乳→ 母乳10分&搾乳&ミルク
術後5日目 母子同室 母乳10分&搾乳&ミルク→ 母乳10分&搾乳
術後6日目 退院 母乳10分&搾乳→母乳のみ

皆様のブログに励まされています↓↓。
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 二人目出産へ
二人目出産
にほんブログ村テーマ 妊娠、マタニティーへ
妊娠、マタニティー
にほんブログ村テーマ 高齢ママ集まれ~!へ
高齢ママ集まれ~!
術後5日目

12時半過ぎ

点滴が終わり授乳室に行って、フラフラしながら授乳タイム開始。

直母10分、搾乳20分、搾乳した10ccほどの母乳を飲ませて、追加ミルク20ccにまたもや苦戦していると

「○○さん、5日目に入ったので一回の授乳量トータルで40ccにして下さい」

と言われました。
は?ミルク20ccも飲み切れないのに、ミルク追加30cc?

しかし、この提案した助産師さんも息子くんに20cc飲ます事にかなり苦戦したので、結局ミルク増加は立ち消えに。

あんちゃんママの搾乳分が増えていればミルクの割合を減らせるのですが、疲れと睡眠不足で絞っても減る一方。まさに悪循環にはまってしまった。

助産師さんからは、無理しなくても完母は退院してから目指していけばいいんだから、と気を使って声をかけてくれる。でもあんちゃんママからしたら、こんな苦痛のミルクはさっさと終わらせて睡眠取りたい。

帝王切開の傷は毎日洗って清潔に、と言われてるのに、シャワーを浴びる時間もなく、顔を洗う余裕さえない。
あんちゃんママの顔色はどんどん酷くなる一方。でも何とか息子くんと一緒に退院したい、じゃないと直接のおっぱいの刺激が与えられず、このままズルズルと混合になってしまう…。

ミルクをちっとも飲みたがらない息子くんに仕方なくお願いしてみました

「ごめんね、飲まないと退院できないんだって。家ではパパもあんちゃんも待ってるから、我慢してね。」

不思議なことに、声をかけると寝ているはずの息子くん、口を動かしてくれてなんとか飲んでくれました。

声をかけたり、歌を歌ったり、あの手この手で飲ませても、今度はあんちゃんママの搾乳量は減っていき、助産師さんの手伝いで10ccとるのが精一杯。あんちゃんママはどんどん追い詰められてきました。

10時

あんちゃんママが搾乳を済ませて追加ミルク20ccを取りに行くと、またもや助産師さんから

「○○さん、ミルクは30ccにして下さい」

とのこと。
20cc飲み切るのもかなり負担になっているんです。授乳量のトータルを40ccにするなら直接母乳を上げている分も含ませて欲しい、と再度お願いしました。しかし

「体重計を使うとノイローゼになるお母さんが多いからねぇ」

また、ノイローゼの話しか!
あんちゃんママ、ここで初めてキレました。

ノイローゼになるかどうかではなく、医療行為として授乳量を計らせて欲しいと話しているんですよ!!嫌がる息子に無理矢理ミルクを飲ますのはもう耐えられないんです!!

見た目ボロボロのあんちゃんママのすごい剣幕に、この年配の助産師さん、あっさり

「分かりました。次回から計って下さい。他のスタッフに申し送りしておきます」

と言ってくれました。
内心「へ?いいの?散々反対してきたのに?」とかなり疑心暗鬼でしたが、

13時

あんちゃんママが授乳室に入り、中にいたスタッフに体重計を使う許可をもらっている旨を話すと、防水シートを渡され、淡々と使い方の説明をしてくれました(といってもボタン一つしかない)。

体重計はスタッフしか取り扱えない、と聞いてたけど結局あんちゃんママが好きなタイミングで勝手に使っていい事になったよう。

早速、母乳をあげる前と後で計ってみると、、、

26g飲んでた!

助産師さんに報告すると
「結構飲んでましたね」
だって。

搾乳分10ccがあるのでイキナリ母乳オンリー状態に。
良かった~~~ヽ(;▽;)ノ。

その後、診察や採血などで搾乳ができなかったり、授乳を中断した回を除けば、あんちゃんママはミルクから解放されました。



ようやく、息子くんがしっかり母乳を飲めていることが証明できたのであんちゃんママはかなり気が楽になりました。

余裕が出てきて周りを見てみると、ほかのママもかなり疲労困憊のよう。奥に座っている若いママは
「さっき乳首から血が出て赤ちゃんの顔にかかっちゃって、、、」
と相談していました。

ギョギョッ!もう血が出るほどになってるの⁈キッツイなぁー。

さらに右手にいる他のママも半分意識が飛びながら授乳している。
助産師さんから声をかけられてました。ら
「赤ちゃん、やっぱり吸いませんか?」
「吸わないし、泣いてばかりで、、、」

初めての子育て、大変だろうなぁ、と聞いていると、
「1人目も同じでした、、、」
と話してる。
えぇっ、経産婦さんだった!

そっかぁ、皆んな苦労してるんだな。
あんちゃんママが何度も息子くんは飲めてると主張しても信じてもらえなかったのは赤ちゃんはすぐには飲めないものだからなのかな、と思うようになりました。
たまたま、あんちゃんも息子くんも最初からガッツリ飲む気でいる赤ちゃんだったから、そういうものだと勘違いしてたかも。
この日の夕飯。

ハンバーグでした。

皆様のブログに励まされています↓↓。
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村テーマ 二人目出産へ
二人目出産
にほんブログ村テーマ 妊娠、マタニティーへ
妊娠、マタニティー
にほんブログ村テーマ 高齢ママ集まれ~!へ
高齢ママ集まれ~!